染まり具合はどう?

染まり具合はどんな感じなのか比較してみます

果たして、希望通りに白髪が染まるのか?やはり焦点はここではないでしょうか?同窓会があるので、明日までには何とかしたい!とお急ぎなのか、毎日少しずつで良いから染まって行って欲しいのか、目的は様々ですが、染まり具合の違いを酸性とアルカリ性を計るPh(ペーハー)という数字で比較してみます。

染まり具合の白髪染めランキング

※ph(ペーハー)とは水素イオン濃度指数のこと。ph7が中性を表す。

利尻ヘアカラー
利尻ヘアカラー広告 

ph7のずばり中性。髪表面を染めるマニキュアタイプのヘアカラーなので、髪の傷みが気になったり、頭皮が敏感な方でも髪をいたわりながら安心して使用することができます。

 

 

詳しくはこちらへどうそ

 

エフキュア
エフキュア広告 

市販の酸化染毛剤や美容院で使用している白髪染めはph11〜13に対して、エフキュアはph7.25。髪に負担が掛からない事がよくわかりますね。しかもサロンと同じような仕上がりが体感出来たらうれしいですよね。

 

詳しくはこちらへどうぞ

 

ルプルプ
ルプルプ広告

低刺激なので、素手で塗っても大丈夫。(敏感な方は手袋した方が良いでしょう)手荒れの心配もありません。ルプルプはph8の微アルカリ性。肌に近いので、髪にもやさしく、一度で染まるのです。

 

詳しくはこちらへどうぞ

 

やっぱり気になる染まり具合
一般的な白髪染めは、簡単に染まりやすいけれど傷みやすいというデメリットも大きいです。頭皮がヒリヒリと痛くなったいう声も聞かれます。それは、成分がアルカリ性寄りだからです。髪は外部からの強い刺激によって、どんなに健康な髪の持ち主でも、髪の表面のキューティクルはダメージを負っています。そこに強いアルカリ性が入ったら、ますます痛みは増すばかりです。やはり、なるべく中性に近い商品を選ぶのが髪の為にも得策と言えますね。