使われている成分は?

使われている成分を見てみます

基本的に、こちらで紹介している白髪染めは無添加のものばかりなのですが、その中でも特徴的な成分を比較してみてみたいと思います。

使用されている成分別白髪染めランキング

レフィーネ
レフィーネバナー

日本人女性の頭皮と髪質にあうオレンジ・ライム・レモンをはじめとする10種類の毛髪技術成分と、頭皮を健やかにするトウガラシなどの7種類の天然植物エキスのヘッドスパ成分を贅沢に配合。
イタリア語で泥を意味する【ファンゴ】ドイツ南部で産出された火山岩を配合することにより、泥が持つ天然ミネラルが地肌と髪に潤いを与えるのです。

 

詳しくはこちらからどうぞ

 

エフキュア
エフキュア広告

昆布に多く含まれるフコダインを始め、化粧品にも含まれるセラミド・ローヤルゼリーなど高保湿力を高める美容成分を多く配合しています。
髪の成分の99%がアミノ酸で出来ていて、アミノ酸が不足すると髪が伸びる前に抜けたり、細くなってコシがなくなったりします。それを補うためにこちらの商品は11種類のアミノ酸をも配合しています。

 

詳しくはこちらからどうぞ

 

くろめヘアカラー
くろめヘアカラー広告

美髪成分の宝庫である大分県産の最高級天然くろめを贅沢に配合。その他にも、ローズマリー・クチナシ・ローマカミツレ・オランダカラシ・アルニカ花・ゴボウ根・ニンニク・セイヨウキズタの9つの成分も配合され、それらは美髪に良いとされています。

 

詳しくはこちらからどうぞ

 

 

美髪に必要な成分
トリートメントでもそうですが、髪自体や頭皮がひどく傷んでいると、新たな美容成分を中に浸透させようとしても、入りずらい事はお分かりだと思います。天然成分を使う事によって、今まで傷んでいた髪をそれ以上傷つける事無く、健康な状態へ修復しながら美髪へ近づけることが出来るのです。天然というところがポイントですね。