自宅で簡単に白髪染め

自宅でも上手に白髪染めをするには

せっかく白髪染めを購入しても、思ったように染め上らなかったらがっかりしますね。
無添加白髪染めのほとんどは、一般的な白髪染めに多く使われているジアミン系染料を使っていないので、皮膚がかぶれたりなどの炎症を起こすことはありませんが、天然成分を使用しているので1回目から期待通りに染め上らないかもしれません。

 

しかし、1度目から効率的に白髪を染めていく方法があります。ちょっとしたことではありますが、するのとしないのとでは仕上がりに大きく差が出てきますよ。

髪の生え際にクリームを塗る

おでこやこめかみなど髪の生え際を塗る時には地肌につかないようにと注意をしながら塗りますが、始めに油分が入っているハンドクリームなどを生え際に塗っておくことで、地肌に多少はみ出たとしても液がはじかれて地肌には付きません。もともと、無添加なのでついてしまったとしても、ふき取れば落ちますが、塗っておくことによって生え際ギリギリもしっかりと塗りこむことが出来るのです。

髪にブラシを通した後、ぬるま湯で汚れを落とす

始めにブラシを通すことによって、髪の絡まりや表面についた埃などを浮かせることが出来ます。その後ぬるま湯である程度の汚れを落とすことによって、次に使うシャンプーの泡立ちが変わってきます。

ノンシリコンのシャンプーを使う

シャンプーも何でも良い訳ではありません。市販のシャンプーにはシリコン剤が入っているものが多く見受けられます。このシリコンが髪や地肌をコーティングしパサつきをなくすのですが、栄養を与える・コシを出すなどの働きはありません。これが頭皮に詰まり発毛に影響を与えてしまうのです。ですので、シリコン剤の入っていないシャンプーを選んで使用しましょう。

髪の水気をしっかりと取る

シャンプーが終わったらタオルドライをして、ある程度の水気をとりましょう。水気をとるのはそのまま白髪染めを使用すると、水と混ざり合って液が垂れてくる恐れがあったり、色ムラの原因となるからです。

生え際は紙にクリームを付けたものを張り付ける

これは私の担当の美容師さんに教えてもらった方法なのですが、耳の上あたりの生え際はなかなか染まりにくかったりするので、紙に白髪染めを少し出し、それを張り付けるという方法。密着度が高まりしっかりと浸透していくそうです。部分的なところはこういったテクニックを使い、髪全体はまんべんなく塗りこみます。

髪全体にラップをまく

すべてムラなく塗り終わったら髪全体にラップを巻きましょう。こうすることで、より髪と液が密着し浸透していきます。みなさんお風呂場で白髪染めをなさる場合が多いと思いますが、そのまま湯船に入っていただくと血行も良くなり、髪にもスチーム効果が出て、なお効果がアップします。

すすぎはしっかりと、よく乾かす

最後はすすぎです。水の色が透明になるまでしっかりとすすぎます。特にえりあしなどは残りがちなので丁寧にすすぎましょう。髪を洗い終わった後は、そのまま放置するのではなく、ドライヤーなどを使ってよく乾かしてください。濡れたままにしておくと、髪の表面のキューティクル剥がれ易くなり髪を傷める原因となるからです。

以上の手順を守って白髪染めを使うと、普段よりはしっかりと染まっていくと思います。少しの手間をかけることによって、1回の染めがしっかりと入っていくのです。

無添加の白髪染めは、多くの種類が販売されていますが、ご自身の希望の色や目的にあった白髪染めを見つけてみてください。

 

無添加白髪染めについてはこちら